トップへ » 治療について » 一般歯科

【虫歯治療】痛くない 怖くない治療を心がけています

「虫歯があるけど、どういう治療をされるのだろうか」
「虫歯の治療は痛いから嫌だなあ」
「あまり歯を削られたくないなあ」

痛くない治療

歯科治療に対する「怖い」「痛い」というイメージを取り除くために当院では、最新の機器や治療法を取り入れると共に、患者さまとのコミュニケーションを大切に、お声がけしながら不安を取り除く診療を行なっております。

また、治療の方法は決してひとつではなく、たくさんの選択肢があります。当院では、いくつかの治療法をご提案し、患者さまご自身に選んでいただきます。そうすることで、無理のないペースで治療を進めて行くことができるのです。

できるだけ「痛み」が少なく、「削らない」治療を行うために
当院では、患者さまの負担を減らすために、最新の装置・薬剤を使用することで、患者さまに快適な虫歯治療を行なっています。

詳しくはの下記コンテンツをご覧ください。

「患者さまの負担を減らします」

知っていますか?虫歯のメカニズム

虫歯は進行状態によってC0~C4 までの段階に分けられます。虫歯をよく知り、適切な予防や治療を受け、健康な歯を守ってください。

COC0
初期虫歯の状態です。まだ歯に穴は開いていません。フッ素とキシリトールを使って、歯を再石灰化させることで、改善していきます。

C1C1
歯の表面のエナメル質にだけ穴が開いた状態です。この段階では痛みはありません。放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要な場合がありますが、削る部分は最小限で済みます。

C2C2
エナメル質の下にある象牙質にまで達した虫歯です。まだ神経に達していないので、強い痛みはありません。しかし、ときどき甘いものなどが染み始めます。この段階では、削って詰め物をしたり、型取りをし、出来上がってきたものを被せる治療を行います。
※削るとき痛みがあるので、麻酔を使って治療していきます。

C3C3
虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態です。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。ここまでくれば、激痛を伴います。この段階では、麻酔をして、虫歯を削り、神経を抜き取ります。

C4C4
神経が死んでしまった状態。痛みは少ないものの、虫歯菌が血管を通り、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。こうなってしまっては、ほとんどの場合抜歯の必要があります。


トップへ » 治療について » 一般歯科


PAGE TOP