トップへ » 治療について » 審美歯科

【ダイレクトボンディング】自然な白い歯

ダイレクトボンディング「なるべく歯を削りたくない」
「以前に治療した詰め物が変色してきた」
「金属の詰め物を白くしたい」
「虫歯をきれいに治したい」

こんな悩みをお持ちの方はいませんか?ダイレクトボンディング(審美的ダイレクトコンポジットレジン修復)は、そんな悩みを解決する新しい治療法です。

ハイブリット樹脂で歯の形態を修復し、象牙質やエナメル質の代わりを作っていく技術です。審美性や耐久性に優れており、その日の内に施術が完了して自然な美しい歯を手に入れることができます。

また、ダイレクトボンディングはラミネートベニアやオールセラミックスクラウンのような型取りの必要はなく、1回の治療で終了できます。

※ダイレクトボンディングは、虫歯の大きさや歯の種類によって、適用できない場合があります。
※ダイレクトボンディングは、保険適用外です。【1歯10,000円(税抜き)】

被せ物や詰め物にも、審美性が求められます

歯科治療技術の進歩により、さまざまな材質の被せ物や詰め物が開発され、美しい歯並びや口元づくりが実現しています。患者さまのお口の中の状態や、ご要望、ご予算に合わせて、最適なものをご提案させていただきます。

1. オールセラミッククラウンオールセラミッククラウン
欠けた歯や、大きさが不ぞろいな歯に、セラミックのクラウン(冠)をかぶせて歯の色や形、歯並びなどを改善します。通称、差し歯と呼ばれる、歯全体の形や色調をカバーする方法です。虫歯などにより失われた部分が大きい歯にも対応でき、歯の形も大きく変えることができるので歯並びや噛み合わせを整えることでできます。

2. メタルボンドクラウンメタルボンドクラウン
セラミッククラウンの一種で金属フレームをベースに、その表面に白いセラミック剤を焼き付けたものです。セラミックによる審美性と金属の持つ強度という各々の長所を兼ね備えたクラウンです。従来はセラミックの差し歯というと、このメタルボンドクラウンを指すことが一般的でした。

3. ジルコニアクラウンジルコニアクラウン
内部は白くて硬いジルコニア、外部は見た目の良いセラミックを使用することにより、見た目と強度の両立を目指したクラウンです。内部に金属ではなくジルコニアを使っているので硬度があり、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。

4. オールセラミックインレーオールセラミックインレー
奥歯の銀歯などが目立って気になる場合や、金属アレルギーが気になるというケースに使われる詰め物です。透明性が高いため、より自然な色を再現できます。唾液の吸収がないため口臭の心配もなく、天然歯と見分けがつかないメリットがあります。


トップへ » 治療について » 審美歯科


PAGE TOP